読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sunnygreenな暮らしへ

山と自然と音楽とお酒と家族と仲間。 人生を彩り豊かに。 日々の想いの備忘録。

その後、今の状況を少し。 いまの仕事を離れて暮らしかたをシフトしていこうと思いきった結果、 思いもしなかった方向に進む可能性が出てきた。 「例えば長野県、そういう地方に移り住んで新しい働き方をしてみないか?」 と、上司(お偉いさん)からまさかの…

伝えた。

先週の金曜日、退職の意向を伝えた。 年内で、いや、できたら8月末で。ほんと言うともっと早くが良いんやけど、まぁ無理は言えないし。なんか突然やった。2年くらい迷いながら過ごしてきたのに、ふわぁーっと「あ、もう言おう。」と思いそれからはなんのため…

できること

2008年、終わりを求めて一人で向かった屋久島の太鼓岩。 最後の夜のつもりで泊まった宿で、山のお兄さんの優しい心に救われた。 それが僕の山との出会い。 自分は屋久島で一度死んだも同然。 いま、身近なところで小さな命の終わりが近いかもしれないことを…

生きる

僕には妻と4才と1才の息子二人がいる。とてもとても何よりも大切。愛している。 家族を一生ずっと全力で愛していきたいし、僕のことのことも全力で愛していて欲しい。そのためにはまずは自分が自分のことを全力で愛せる生き方をしなきゃ、と思い続けている。…

やりたいゲストハウス

自分達で野菜やお米や大豆を作り、それを来てくれる皆さんと共有する。 「食べる」だけではなく「作る喜び」「作り方」「作る想い」も含めての共有。 山が好きなゲストが来てくれたら一緒に山に入る。 自分の足で登らないと得られない達成感や満足感があり、…

自然と寄り添って過ごせる場所

ゲストハウスをやりたい 僕はゲストハウスをやりたい。 会社の新規事業としてではなく、本当は自分で家族でやりたい。 家族や仲間と一緒に、同じような感覚を大事にする人たちが集える場所を作りたい。 大量消費用に作られた食べ物ではなく、気持ちを込めて…

場所。

シンプルになれる場所を作りたい。 自分も家族も訪れてくれる人たちもみんなが自然とシンプルになれる場所。 あたたかいゲストハウス。 素朴だけど美味しいご飯。 年齢性別国籍関係なく笑い合える空間。 太陽を水を緑を風を生を感じられる場所。 家族や仲間…

ぐちゃぐちゃ

頭の中がぐちゃぐちゃしている。 新規事業、負け犬、やりたいこと、ワクワク、家族、田舎暮らし、シンプル暮らし、家族、ビジネス、なりわい、自給力、子供たち、理想、会社組織、思惑、巻き込む力、地域、予算、想い。 パートナーとゆっくりしっかり向き合…

ぶれない

大事にしたいのは直感。 大事にしたいのは感覚。 大事にしたいのは鳥肌と涙。 Don't think, feel. 情熱的なだれかが言っていたというこの言葉を僕も思い続けたい。 家族の笑顔。 心震える美しい自然の景色と大小様々ないのち。 それを素直にシンプルにいいな…

幸せなこと。

仕事が忙しい。 望んでいる理想的な忙しさではなく、縛られ支配されながら追われている忙しさ。 とはいえ、忙しいことはありがたいこと。 幸せなこと。 理想的ではないにしても、その中でいかに理想に近づけられるかが大事なのかもしれない。 自分に問われて…

好きな場所で好きな人達と

向日市、長岡京市、大山崎町、島本町、その辺りでゲストハウスやったら面白いはず。 用途地域、物件の用途変更、設備工事、周辺地域の同意、事業計画書、収支計算書、そもそも物件と協力してくれる方の確保。 ハードルは多すぎるけど動けるところまで動いて…

アラビアンナイト

この時期になると毎年思い出す。 というか、いろんなことを思い返す。 突然死んでしまった彼のことを。 四人がみなお互いに一生の付き合いだと思っていたはず。 おっさんになっても一緒にやってるやろうな、と話した。 嫁さんや子供が出来てもやっていたい、…

ゲストハウスをやる

もっと身近なゲストハウス。 たくさんの出会いをつなぐゲストハウス。 やりたくて会社に企画書を出したけど、まだまだ色々とわからないこと難しいことだらけ。 物件、費用、運営ノウハウ、それらは調べるだけでは情報が全く足りないのでもっと足と情熱を使わ…

35歳

35歳。 結婚をして30歳を迎えた時にイメージしていた自分の35歳。 自分の大切な人やコトを守り大事にしていくために、35歳には仕事において次のステージ・フィールドに進んでいたい。 35歳、どうだろうか。 仕事をするために生きているわけではなく 出世する…

忘れないように。

思うこと感じること残していこうと思います。